KC-J50とKC-H50の違いを比較!どっちがオススメ?シャープ加湿空気清浄機

当ページのリンクには広告が含まれています。
KC-J50とKC-H50の違いを比較!どっちがオススメ?シャープ加湿空気清浄機
  • URLをコピーしました!

シャープ加湿空気清浄機KC-J50とKC-H50の違いを徹底比較しました。

KC-J50は2018年に販売された商品で、KC-H50は2017年に販売された商品です。

見た目もほとんど一緒ですが結論から言うと、KC-J50とKC-H50の違いは以下の通りです。

違う点
  • 照度センサー
  • カラーバリエーション
  • チャイルドロック
  • 湿度/温度/24時間電気代 表示
  • 静か寝モード
  • みはり機能
アン

見た目ほとんど変わらないのに、こんなに違いがあるのですね!

細かい機能にこだわらずカラーバリエーションを楽しみたいなら、KC-J50がいいですね。

一方で照度センサーや温度・湿度・電気代が数値で表示されたり、高温・高湿のお知らせ機能が付いたチャイルドロック機能にこだわりたい場合、KC-H50が便利ですよ!

この記事では、KC-J50とKC-H50の違いについて1つ1つ比較していきます。

どちらを購入しようか迷っている方は参考にしてくださいね。

\KC-J50はシンプル機能/

\KC-H50は多機能/

目次

シャープ加湿空気清浄機KC-J50とKC-H50の違いを比較!

シャープ加湿空気清浄機

  • KC-J50
  • KC-H50

を比較してみると、7つの違いがありました。

違う点
  • KC-H50は生産終了している
  • 照度センサー
  • カラーバリエーション
  • チャイルドロック
  • 湿度/温度/24時間電気代 表示
  • 静か寝モード
  • みはり機能

①KC-H50は生産終了している

KC-H50は生産終了しています。

それぞれの発売時期は以下の通りです。

KC-J502018年モデル
KC-H502017年モデル

②照度センサー

KC-H50は照度センサーにて、自動で部屋の明るさに応じて表示部の明るさを切り替えられる機能がついています。

以下の三種類のモードから選べます。

自動モード照度センサーに応じて明るさを変える
暗モード抑えた明かり
切モード消灯

KC-J50は表示部がまぶしいときに消灯するモードのみになります。

③カラーバリエーション

KC-J50とKC-H50はカラーバリエーションが少し違います。

KC-J50にはグレーが追加されています。

KC-J50ホワイト、グレー
KC-H50ホワイト

④チャイルドロック

KC-H50にはチャイルドロックがついています。

3秒以上長押しすることでいたずらや誤作動を防止することができるチャイルドロック機能がついています。

アン

お子さんがいる家庭では必要な機能ですね

⑤湿度/温度/24時間電気代 表示

KC-J50とKC-H50は表示機能も少しちがいます。

KC-J50低・適温・高の3段階表示
KC-H50湿度・温度・24時間電気代が本体右上にいずれかを数値表示(ボタンで切り替え)

⑥静か寝モード

KC-J50とKC-H50どちらも睡眠時に静かにしてくれるモードがついてますが少し性能がちがいます。

KC-J50おやすみモード音を静かに抑えた運転。
KC-H50静か寝モード音を静かに抑えた運転。
照度センサーで部屋の暗さを感知し、モニタ表示が消灯します。

⑦みはり機能

KC-H50にのみ搭載されている機能です。

「みはり機能」とは、部屋の温度・湿度に注意が必要な状態をセンサーが検知し、ランプの色と音でお知らせする機能です。

高湿・高温みはり熱中症防止とまではいきませんが高湿・高温のときにお知らせしてくれます。
乾燥・低温みはりウイルスの生存しやすい湿度・温度になったときにお知らせしてくれます。
アン

おまかせ運転にしておくと自動で加湿機能も起動してくれるみたいで便利ですね。

以上7点が、KC-J50とKC-H50の違いになります。

\KC-J50はシンプル機能/

\KC-H50は多機能/

シャープ加湿空気清浄機KC-J50とKC-H50の共通の機能や性能は?

続いてKC-J50とKC-H50は共通点も多いので、共通する機能や性能をご紹介していきますね。

共通点
  • プラズマクラスター搭載
  • 性能・スペック
  • デザイン

プラズマクラスター搭載

KC-J50とKC-H50にはプラズマクラスターが搭載されています。

プラズマクラスターの効果は以下の通りです。

  • 空気の汚れを浄化
  • 付着したニオイを分解消臭
  • 静電気え抑える
  • ペットのニオイ対策

性能・スペック

KC-J50とKC-H50の最大適用床面積や、電気代、タンク容量など気になるスペックはどちらも同じでした。

KC-J50KC-H50
最大適用床面積23畳(加湿15畳)23畳(加湿15畳)
電気代加湿空気清浄0.54円(1時間あたり)加湿空気清浄0.54円(1時間あたり)
タンク容量2.5L2.5L

デザイン

パネル分の高さ2㎝の差はありますが、幅、奥行きも同じでデザインもほぼ同じです。

KC-J50399x613x230 mm
KC-H50399x615x230 mm

\KC-J50はシンプル機能で使いやすくて人気/

\KC-H50は多機能/

シャープ加湿空気清浄機KC-J50がオススメの人

シャープ加湿空気清浄機KC-J50はKC-H50よりシンプルな性能となっていますが、加湿空気清浄機としての基本性能はほぼ同じです。

シンプルになった分、KC-H50にあった下記の機能はついていません。

  • 照度センサー
  • チャイルドロック
  • 湿度/温度/24時間電気代 表示
  • 静か寝モード
  • みはり機能

これらに必要性を感じないのであれば、KC-J50の方が2018年販売と新しいモデルになって価格も安いのでKC-J50がおすすめです。

KC-J50には、KC-H50にないグレーのカラーバリエーションもあるので、グレーにしたい方もKC-J50がおススメですよ!

\KC-J50はシンプル機能で使いやすくて人気/

シャープ加湿空気清浄機KC-H50がオススメの人

シャープ加湿空気清浄機KC-H50は、照度センサーや温度・湿度・電気代が数値で表示されたり、高温・高湿のお知らせ機能が付いたりチャイルドロックがついていたりします。

寝室で使う予定の方、お子様がいる家庭ではシャープ加湿空気清浄機KC-H50がおすすめです。

\KC-H50は多機能/

シャープ加湿空気清浄機KC-J50とKC-H50の違いまとめ

シャープ加湿空気清浄機KC-J50とKC-H50の違いをおさらいすると違いは次の7つ!

違う点
  • KC-H50は生産終了している
  • 照度センサー
  • カラーバリエーション
  • チャイルドロック
  • 湿度/温度/24時間電気代 表示
  • 静か寝モード
  • みはり機能

デザインもスペックも特徴もほとんど同じのKC-J50とKC-H50ですが、細かい機能などの違いが7つありました。

KC-J50とKC-H50で悩んでいる場合は参考にしてみてください。

\KC-J50はシンプル機能で使いやすくて人気/

\KC-H50は多機能/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次