RNS-B400DとRNS-P10-Wの違いを比較!どっちがオススメ?リンサークリーナー

当ページのリンクには広告が含まれています。
RNS-B400DとRNS-P10-Wの違いを比較!どっちがオススメ?リンサークリーナー
  • URLをコピーしました!

アイリスオーヤマのリンサークリーナーRNS-B400DとRNS-P10-Wの違いを徹底比較しました。

RNS-B400DとRNS-P10-Wは同じリンサークリーナーですが、違いは何?どっちがオススメ?と気になる方も多いですよね。

結論から言うと、RNS-B400DとRNS-P10-Wの違いは以下の通りです。

違う点
  • コードレスorコード式
  • 清水タンクの大きさ
  • ヘッドのタイプ
  • 運転音
  • 本体の重さ
  • サイズ
  • 価格
アン

いくつか違いがあるようで気になりますね!

コンセントがない場所でも手軽にさっと掃除をしたい方なら、RNS-B400Dがいいですね。

一方で、値段を抑えつつしっかり掃除をしたい方は、RNS-P10-Wが便利ですよ!

この記事では、RNS-B400DとRNS-P10-Wの違いについて1つ1つ比較していきます。

どちらを購入しようか迷っている方は参考にしてくださいね。

\RNS-B400Dはどこでも掃除ができるコードレス/

RNS-P10-Wは広い範囲をしっかり掃除ができる/

目次

RNS-B400DとRNS-P10-Wの違いを比較!

アイリスオーヤマのリンサークリーナー

  • RNS-B400D
  • RNS-P10-W

は、どちらもしっかりと汚れを落とす吸引力があり、比較的コンパクト!

アン

どちらもしっかり汚れを吸引してくれるので迷いますね。


比較してみると、7つの違いがありました。

違う点
  • コードレスorコード式
  • 清水タンクの大きさ
  • ヘッドのタイプ
  • 運転音
  • 本体の重さ
  • サイズ
  • 価格
アン

コードレスもしくはコード式か?
好みのヘッドタイプやサイズはどちらか?
魅力を感じるポイントが決め手になりそうですね。

①コードレスorコード式

  • RNS-B400Dはコードレス
  • RNS-P10-Wはコード式

RNS-B400Dは充電式バッテリー搭載のコードレスなので、コンセントがない場所や今まで掃除ができなかった場所でもさっと掃除ができます。

コードレスの場合、なかなか掃除ができない車のシートを綺麗にできる点はポイントが高いです。

RNS-B400Dの充電時間は4時間で、連続で使用できる時間は約10分です。

犬の粗相や子どもの食べこぼしなどのとっさの汚れに、コンセントをつなぐ手間なく対応できそうですね。

RNS-P10-Wはコード式なので、時間を気にせずに広い範囲をじっくり掃除することができます。

大きなカーペットやソファの汚れを落とすのに集中して掃除ができそうですね。

②清水タンクの大きさ

RNS-B400Dの清水タンクの容量は約0.4Lで、RNS-P10-Wの清水タンクの容量は約1.1Lです。

RNS-P10-Wの方が清水タンクの容量が多いため、給水の回数が減ります。

清水タンクの容量が多いと集中してじっくり掃除ができそうですね♪

③ヘッドのタイプ

  • RNS-B400Dは、2種類の噴射タイプ
  • RNS-P10-Wは、2種類のヘッドが付属

RNS-B400Dは、狭い範囲への汚れに適した「直射タイプ」と広い範囲の汚れに適した「霧吹きタイプ」があります。

RNS-B400Dの散水方法は手動です

汚れの種類によって使い分けができる機能があると、より掃除が楽になりそうですね。

RNS-P10-Wは、「ブラシ付きヘッド」と取り外しができる狭いところの掃除に適した「T型ヘッド」があります。

RNS-P10-Wの散水方法は自動です

狭いところや隙間の汚れに手が届いて、自動散水で掃除の負担も軽くなりそうで嬉しいですね♪

④運転音

RNS-B400Dは、従来品と比べて運転音が低減されています。

新型がRNS-B400Dで旧型がRNS-P10-Wなので、RNS-B400Dの方が運転音が小さいです!

掃除機のように夜間使用を控えさえすれば、どちらも運転音は気にしなくてもいいかもしれませんね。

⑤本体の重さ

RNS-B400Dの本体の重さは約2.4kgで、RNS-P10-Wの本体の重さは約3.2kgです。

RNS-B400Dの方が約800g軽いので、少し持ち運びが楽になりますね。

アン

少しでも負担なく持ち運びをしたい!という思いも決め手の一つになりそうですね。

⑥サイズ

RNS-B400D幅約23.3×奥行約21.3×高さ約27.7
RNS-P10-W幅約29×奥行約18×高さ約27

高さはほぼ同じですが、幅は5.7cm奥行は3.3cm違いがあります。

よりコンパクトなのは、RNS-B400Dです。

収納スペースが少ない場合や少しでも場所を取りたくない場合は、RNS-B400Dの方が適していますね。

サイズ感や収納スペースを気にしない場合は、そこまで大きな違いにはなりません。

⑦価格

アイリスオーヤマの公式サイトを参考にすると価格は以下の通りです。

※2023年2月時点

  • RNS-B400D:22,800円(税込)
  • RNS-P10-W:15,600円(税込)
アン

RNS-P10-Wの方が7,200円安いです。

アイリスオーヤマの公式ショップだけではなく、楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングの価格帯をチェックしてみると、少し価格が安くなっている場合もあります。

購入先によって価格帯が異なるので、最安値で購入されたい方は楽天やアマゾン、Yahoo!ショッピングなどいろいろなサイトでチェックすることをおすすめします。

以上7点が、RNS-B400DとRNS-P10-Wの違いになります。

\RNS-B400Dはどこでも掃除ができるコードレス

\RNS-P10-Wは広い範囲をしっかり掃除ができる

RNS-B400DとRNS-P10-Wの共通の機能や性能は?

続いてRNS-B400DとRNS-P10-Wは共通点も多いので、共通する機能や性能をご紹介していきますね。

共通点
  • 水やお湯で布製品の汚れを吸引する
  • 清水タンクと回収タンクが丸洗いできる

共通①水やお湯で布製品の汚れを吸引する

RNS-B400DとRNS-P10-Wは、どちらも水と40℃のお湯で汚れを落とすことができます。

洗剤を使う必要がないので、ペットや子どもがいる家庭でも安心です。

水やお湯さえあれば汚れを落とせるなんて、手軽で環境にも優しくて良いですね。

共通②清水タンクと回収タンクが丸洗いできる

RNS-B400DとRNS-P10-Wは、どちらも清水タンクと回収タンクを外して丸洗いすることができます。

どちらも常に清潔な状態を保てるので安心ですね。

\RNS-B400Dはどこでも掃除ができるコードレス

\RNS-P10-Wは広い範囲をしっかり掃除ができる

RNS-B400Dがオススメの人

アイリスオーヤマのリンサークリーナーのRNS-B400Dは、コードレス式でコンセントがない場所でもさっと掃除ができるところがなんといっても大きな魅力です。

RNS-B400Dがオススメの人は、

  • コンセントの場所を気にせずに掃除がしたい
  • 軽くてコンパクトなリンサークリーナーがいい
  • 少しでも音が小さい方がいい

と、考えている方です!

\RNS-B400Dはどこでも掃除ができるコードレス

RNS-P10-Wがオススメの人

アイリスオーヤマのリンサークリーナーのRNS-P10-Wは、広い範囲を時間をかけてしっかり掃除ができるところがなんといっても大きな特徴です。

RNS-P10-Wがオススメの人は、

  • 広い範囲をじっくり掃除したい
  • 充電が面倒なのでコード式がいい
  • 自動散水で負担を軽くしたい

と、考えている方です!

\RNS-P10-Wは広い範囲をしっかり掃除ができる

RNS-B400DとRNS-P10-Wの違いまとめ

RNS-B400DとRNS-P10-Wとの違いをおさらいすると違いは次の7つ!

違う点
  • コードレスorコード式
  • 清水タンクの大きさ
  • ヘッドのタイプ
  • 運転音
  • 本体の重さ
  • サイズ
  • 価格

違いがいくつかありますが、どちらもリンサークリーナーとしての吸引力は問題ありません。

購入の決め手として、

  • コードレスかコード式
  • 短時間の掃除か長時間の掃除

2点がポイントになりますね。

コンセントを気にせずにどこでも気軽に掃除をしたい方や、コンパクトで軽いリンサークリーナーを希望する方はRNS-B400Dがおすすめ。

コード式で時間を気にせずしっかり掃除をしたい方や、価格を少しでも抑えたい方にはRNS-P10-Wがぴったりです。

アン

用途や好みに合わせて選ぶと良さそうですね。

\RNS-B400Dはどこでも掃除ができるコードレス

\RNS-P10-Wは広い範囲をしっかり掃除ができる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次